宅配布団クリーニングリナビスの評判は?保管やクーポン情報

本日紹介するのは宅配クリーニングで有名な宅配布団クリーニングリナビスです。

衣類クリーニングのサイトがとても人気のクリーニング業者さんなので、ご存じの方も多いでしょう。

リナビスは布団のクリーニングにも力を入れていて、専用ページも存在しています。

各種メディアでも取り上げられることの多いリナビスの布団クリーニングはどういう特徴があるのか?

口コミや評判はどうか?

気になりますよね。

しっかり検証していきます。

また、衣類クリーニングのリナビスが気になる方は、下記の関連記事をご覧ください。

【関連記事】
宅配クリーニング リナビスの特徴や評判まとめ

宅配布団クリーニングリナビス早分かり

まずはリナビスがどんなクリーニング業者なのか、簡単にまとめておきます。

この記事はリナビスの解説記事のようなものなので、評判や口コミなど読みたいところだけ読めば内容がわかるようになっています。

目次からリナビスの読みたい情報だけ読んでも大丈夫です!

宅配布団クリーニングリナビスの会社情報

リナビスは創業60年の老舗クリーニング店です。

衣類のクリーニング・布団のクリーニング・皮革やブランド品のクリーニングを手掛けている宅配クリーニングですね。

ただ、一般的な総合クリーニング業者と違って、サイトページも布団クリーニング用に分けてあります。

最近流行の機械化したクリーニングというよりは、昔ながらの職人気質のクリーニングといった作業です。

宅配布団クリーニングリナビスの送料や支払い方法

支払方法は

  • クレジットカード支払い
  • NP後払い
  • 代金引換

この3種類に対応しています。

【NP後払いとは】
NP後払いはコンビニで後払いができるというものです。
公共料金をコンビニで払うようなイメージで、支払いができるので
最近増えている支払い方法ですね。

送料や集荷キットは基本的に無料になっています。

ただ、一部地域で別途送料が発生しますので、そこだけまとめます。

北海道・一部離島1,900円(税抜)
沖縄5,500円(税抜)

ちなみに、これは集荷キットを送ってもらって、こちらから布団を送って、布団を返してもらうという一往復半の送料ですので、別途かかるといってもかなりの部分リナビスが負担しているはずです。

宅配布団リナビスの特徴

ほかのクリーニング店に比べての優位性を書いていきます。

リナビスの特徴で特に大きなものは、「保管サービス」です。

実に12か月もの長期保存が、無料となっています。

ちなみに、多くの布団クリーニング店では布団の保管に対応していません。

また、対応していても有料という布団クリーニング業者がほとんどです。

これについては記事の後の方でも書いています。

また、布団洗浄工程も温水を使用した丸洗い・2段階での乾燥工程など

布団クリーニングとしては抑えてほしいポイントをしっかり押さえた作業工程になっています。

布団宅配クリーニングを選ぶ際の4つのポイント

宅配布団クリーニング業者を選ぶ際に、要望別に注意したい項目がありますので、紹介します。

1.ダニ対策がしっかりとしているか

ダニ対策は宅配クリーニング業者によって対応が分かれる部分です。

特に布団クリーニングについては、丸洗いをしているか、乾燥工程は万全か、などダニを確実に死滅させられるかどうかというのが非常に重要になってきます。

また、防ダニ加工をオプションで付けられるような業者もありますよ。

最近は布団専用クリーナーや布団乾燥機でもある程度のダニは駆除できますが、やはり完全に死滅させるには布団の丸洗いが必要です。

布団用掃除機とかである程度ダニをやっつけられたとします。

でも、30匹くらいのダニを取り逃がしてしまったら…

3か月後、繁殖期になったらどのくらいに増えると思います…?

なんと…

10,000匹以上といわれています。

なので、私はダニ対策がしっかりしている業者を選んでいますね。

2.保管してくれるか

お布団ってめちゃくちゃ場所とるじゃないですか?

クリーニング店では保管をしてくれるサービスがあるんですよね。

なので、私としてはシーズンが終わったお布団(特に冬用)はクリーニングしてもらってそのまま保管してもらいたいです。

こうしておくと、狭い住宅が多い日本の住宅でも多少なりともスペースが生まれます。

一人暮らしとかだと、特に収納スペースが限られるので、気を付けたいポイントですね。

【関連記事】
一人暮らしにおすすめの布団クリーニングランキング厳選4社比較

3.仕上がりや評判は良いか

宅配布団クリーニングは有力業者が数社あって、それぞれ切磋琢磨していますので、全体的に技術力はレベルアップを続けています。

ただ、職人の違いによる仕上がりのばらつきがある業界ですので、口コミなどのチェックは重要ですね。

布団のクリーニングはそれなりの値段にもなりますし、仕上がりがイマイチだとがっかりしますもんね。

4.敏感肌の人や子供でも安心して使えるか

私自身アトピーがありますので、体にいいことが最低条件として考えられます。

また、子供もいます。

なので布団クリーニングに興味があるのですが、私と同じような気持ちの人も多いと思っています。

もちろん、シミなどは綺麗にしてほしいとは思うのですが、毎日使うお布団を強い洗剤で洗われてしまうと心配です。

そういった配慮があるかどうかは非常に重要な項目であると考えています。

宅配ふとんクリーニングリナビスはどれくらい条件にあてはまっている?

先ほど挙げた条件にどれくらいリナビスはあてはまっているのか?

見ていきましょう。

1.リナビスのダニ対策

ダニを死滅させるには布団の乾燥工程が重要だというのはこのサイトでも何度も書いてきました。

リナビスの作業工程から乾燥工程を抜き出して考えてみます。

画像引用:宅配布団クリーニング リナビス

リナビスの布団乾燥工程は自然乾燥と仕上げ熱風乾燥です。

ほかでも2段階乾燥をするクリーニング店もありますが、ほとんどは乾燥機から乾燥機といった工程をとります。

リナビスは布団の痛みを抑えるべく、1次乾燥は自然乾燥にしていますね。

これが天日干しなどの屋外であれば、せっかく洗った布団に花粉などが付きかねません。

しかし、リナビスのHPでは倉庫のような屋内で自然乾燥させていることがわかります。

また、仕上乾燥では熱処理乾燥を行っているので、この時点でダニは死滅するでしょう。

丸洗い工程があるので、そんなに多くのダニが残っているとも思えませんが、この仕上げ乾燥が熱処理乾燥であるので、さらに安心できますね。

2.リナビスは布団を保管してくれる?

このサイトで紹介してきた宅配ふとんクリーニング店は布団の保管サービスに対応していないところがほとんどでした。

リナビスはどうでしょう?

シーズン違いの布団のスペース占領に悩んできた方、お喜びください。

リナビスには布団の保管サービスがあります!

しかも…

無料!!(12ヶ月間)

これはかなりポイント高いですね。

こだわりがあまりない方であれば、これだけでリナビスを選ぶ理由になるでしょう。

12か月間預かってくれるということは、冬物のお布団をシーズンが終わればリナビスにクリーニングしてもらって、次の冬が来るときにまた届けてもらえばよいのです。

関連記事

布団が収納スペース占領してる…布団を保管してもらえればいいけど、有料になっちゃうのかな…シーズン違いのお布団をクリーニング店で保管してほしいという人は多いですよね。布団はとにかく場所をとります。特に冬用の分厚い布[…]

3.仕上がりとリナビスの評判は?

仕上がりに関しては、先ほども書いた通り自然乾燥工程がありますので布団の痛みが抑えられていると思います。

また、リナビスは創業60年の老舗ですのでこのあたりも安心材料になると思います。

評判としては、いい評価では特に染み抜き対応についての評判が目立ちました。

シミが綺麗になくなって帰ってきたとか、対応できないものにはきちんと対応不可の表示があった(この評価は衣類クリーニングの例)とかですね。

悪い評価としては、返却が遅かったという評価が見受けられました。

特に梅雨明けくらいからクリーニングは繁忙期ですので、その時期に出すと遅くなりがちの様です。

また、布団の宅配クリーニングで仕上げにかかわるのは圧縮袋での返却かどうかです。

リナビスは圧縮袋を使っての返却ですので、フェザーがたっぷり使われているような布団には向かない可能性があります。

ただ、注文時に布団圧縮を希望しないというのが選べます(有料)ので、気になるようでしたら注文する際に希望されるとよいと思います。

4.リナビスの洗浄工程での洗剤の使い方は?

続いて、洗剤の使い方を見ていきましょう。

リナビスではひどい汚れは水洗いの前に酵素などで事前に汚れを取り除くという工程があります。

酵素が残留すれば心配になるところですが、この後温水を使っての丸洗いの工程があるので、特に心配はいらないかと思います。

洗浄工程では「ふとんの素材、状況にあった洗剤を使用」としか書いてありませんので、具体的にどういった洗剤が使われているかはわかりません。

評判等で肌荒れなどのトラブルは見受けられませんので、こちらもそこまで心配しなくてもいいかと思います。

もし、敏感肌の方や小さなお子様がいらっしゃる家庭で、心配だという方は石鹸のみを使用している「しももとクリーニング」がオススメです。

しももとクリーニングの記事はこちらですので、よかったら参考にしてみてください。

宅配ふとんクリーニングリナビスの料金は?

料金を見ていきましょう。

1枚当たりの料金(税抜)合計額(税抜)
1枚8,800円8,800円
2枚5,900円11,800円
3枚4,300円12,900円
4枚3,700円14,800円

リナビスの料金は他社と同様に枚数が増えるごとに1枚当たりの単価が下がっていきます。

単純に比較すると、2枚目までは有力他社のリネットやしももとクリーニングと同額です。

3枚になるとリネットより100円高、しももとクリーニングより1,000円安いという比較になります。

ちなみに、4枚はリネットと同額です。

ただ、リネットではシングル・ダブルまでがこの値段であるのに対し、リナビスの注文画面を見るとセミダブル・ダブルの場合は追加料金で1枚当たり2,200円(税込)がかかります。

ほかにも注文できるものがありますので、続けて表にしてみます。

1枚あたり(税込)
シーツ・カバー880円
その他小物の布団3,289円
1,650円
枕カバー880円

価格をまとめてみての感想ですが、ちょっと高いかなというのが正直なところです。

というのも、セミダブル・ダブルで追加料金がかかってしまうという点ですね。

クイーンサイズ・キングサイズでは申し込みができないのも注意点です。

一般家庭であっても家族で住んでらっしゃる方だとセミダブル以上のお布団がほとんどだと思いますので、その場合、リネットの方が価格的には有利だと思います。

ふろんリナビスにクーポンはある?利用方法は?

現在(2020年10月19日)、リナビスの新規会員登録ですぐに使える550円分のポイントプレゼントのキャンペーン中となっています。

こちらから公式サイトにアクセスしていただくと、ページの中ほどに550円分のポイントプレゼントというところがありますので、ご覧ください。

クーポン情報は2020年10月19日現在のものです。
ご利用時にはクーポンがなくなっている可能性があるので、ご自身でご確認をお願いいたします。

まとめ

それではまとめていきましょう。

リナビスを選ぶことにメリットがある人は

  • シングルサイズでの利用を考えている方
  • 布団の保管サービスを使いたい方

になると思います。

特に布団の保管サービスはなかなか対応しているところが少ないので、無料で保管してくれるのはかなりありがたいです。

また、有料オプションにはなってしまいますが、布団を圧縮せずに返送してもらうこともできます。

特別なお布団で、クリーニング後に圧縮してほしくないお布団がある人は圧縮をしないオプションを利用するのがよいでしょう。

ダブルサイズで利用したい方でも、ほかより高いというデメリットよりダブルサイズの布団を保管してくれるというメリットのほうが勝るという人は多いでしょう。